JKのおまんこを無修正で見ることができました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

乳首を吸われたら、もちろん感じてしまうでしょう。
もう股間が痛くなるほど足を広げてM字開脚してました。
弱々しかったとはいえあんなに抵抗できるのが信じられませんでした。
パイズリすることにも慣れて痛みが無くなってきたのです。
三角ゾーンが見れたことで、とても良い気分になれたのです。
上から覗き込むとかなり苦しそうな表情をしていました。
本当に信じられないくらいエロいのです。
つまり、全裸にされたことは誰にも話してはいけないと思いました。
そして、目線は向こうからやってくる人影を捉えました。
まずは写真でスタイルを見ることは、ちゃんと付き合うために大切なことです。
どう見ても変態にしか思えなかったのです。
素人は正面を向き、着替えを始めたのです。
ヒモパンをはいていると知られて、恥ずかしさに顔を赤らめました。
表情が歪むのは感じているせいなのかもしれません。
お腹の辺りまで、念入りに舐めまわした後に勢い良く潮吹きを始めたのです。
実際にやってみたら素晴らしいものかもしれません。
今思えば、あの時すでに妊娠していたのです。
今まで局部アップを許したのは、ただの一回だけです。
処女喪失させることに興味があったのでしょう。
無修正で見たことで、少し気持ちが楽になったと思いました。
スマホで連絡をとるようになってから1か月たちました。
初めて巨乳を見て発情してしまったのです。
何も心配せずに、接写を楽しめばいいのです。
愛撫して確かな快感を送り続けていたのです。
そして、マンスジを舐められている時の顔を見てすごく驚きました。
大勢の人前で踊って応援するのです。
わざとらしくなく、自然な感じでY字開脚してました。
たとえ顔射されても、それは仕方なかったと思うようになりました。
おしっこが漏れて下着が濡れたので、その場から動けなくなったのです。
無修正で見たことで少しずつ快楽を覚えていったのです。
生パンを見られていることに気付いていません。
扉を開けると、布団に寝そべっていたのです。
セックスすることから絶対に逃げることはできないのです。
黄色いシミがついていると、話しても信じてくれないかもしれません。 
さっき暴れたせいで、疲れてしまったのかもしれません。
中出しすることが決まって、どぎまぎしてしまったのです。
胸チラを見て、勝手に体が反応してしまいました。
裸を見せてあげることが一番興奮することに気付いていました。
そして、巨乳を手で隠そうとしていました。
衣装は超ミニスカートで上半身もノースリーブでした。
声が一層大きくなったのですが、まだ起きてはいなかったのです。
また、アナルの挿入されそうになったとしても、それを受け入れるつもりでした。
それを考えると少し憂鬱になってきたのです。
一回くらいなら大丈夫かなと思いつつ無修正を見ました。
そして、お尻を執拗なまでに撫で続けたのです。
生地が薄くて中がはっきり見えてしまうのです。
また、乳首を摘まれて気持ち良くなってしまったことが悔しいのです。
あともう少しサイズが小さかったら、もっと食い込みしたかもしれません。
終わって、ようやく眠りについたのです。
ようやく15歳になったことを喜びました。
この薄さでは透けてはっきり色まで見えてしまうのです。
いままで通りシックスナインすることを諦めていません。
無理矢理、裸にしたことを何かで思い知らせてやりたかったのです。
恥丘の膨らみが目に入って、とても淫らな気分になりました。
体を開発され、絶頂を教え込まれていくのです。
きっと、肛門に入れられたことだけは知られてはいけないのです。
意地で笑顔だけは絶やさなかったのです。
そして、寄り添うように眠りについたのです。
もう気持ちよすぎて鼻血を噴いてしまいそうになりました。
ワレメを愛撫されて、初めて濡れたのでしょう。
タテスジ見て、正直に興奮したことを認めました。
アダルトについて、まだまだ知らないことが多かったのです。
下着の隙間から小陰唇が見えてました。
無修正を見ている間中、恍惚感に酔っていたのです。
また忘れた頃に青姦をしたがるのです。
スカートをたくし上げ、バックで挿入したのです。
援助交際が終わった後は、とても疲れた顔をしてました。
パンツに対する視線を感じているはずです。
そんな妄想が日に日に激しくなっていくのです。
言われたとおり裸になって、さっさ終わらせたかったのです。
あれは忘れはしない夏の出来事でした。
狙っていた子を選ぶ事が出来たのです。
明日、ハメ撮りすることを楽しみにしてました。
隠し撮りすることで性欲が全身にみなぎっていくような気がしたのです。
ハミ毛が見える僅かなチャンスも逃したくありません。
割れ目を舐められて、こんなに濡れてたことはありません。
うんこ座りをしているところを撮りたかったのです。
流出が広がっていることを知って興奮しました。
ぐったりとしていて顔と上半身を布団につけていました。
3人のうちどの子を相手するかを決めていくことになりました。。
それからは、頻繁に中出しするようになったのです。
先輩が肩をつかんで起き上がらせたのです。
うつろな目をしながら、近親相姦していたのです。
逆さ撮りすることに強い意欲を持ってしまったのです。
苦痛で歪む表情を見ながら腰を振りました。
これ以上の醜態を晒したくなかったのです。
クリを舐めることで純粋に性欲を感じたからです。
胸と下を少しだけ手で触って楽しんだのです。
個人撮影したことで興奮してしまったのです。
激しい愛撫に痺れた後は、エッチしたのです。
ただイラマチオさせたいだけだったのです。
セックスするようになってから、今年の春で、もう1年にもなります。
構わず腰を持ち上げスカートをまくり、そのまま再び繋がったのです。
パンツを覗きたい衝動にかられました。
目が覚めたところでふらふらしながら外へ出ていきました。
輪姦されるかもしれないけど我慢してくださいと言ったのです。
聞いたところによると、いつも無修正で見ているらしいのです。
高画質で見れるようになって1週間くらいたちました。
言われるまま従って、パンティーを渡してしまったことを今さらですが恥じてます。
本当にハメ撮りすることが好きなのです。
そのまま腰をつかみながら腰を降り続けて果てたのです。
おっぱいを吸われている間、自分の身に何が起きているかよく分かりませんでした。
周りを気にせずに存分に楽しむ事ができたのです。
そして、マンスジに手を出してしまったのです。
まさか自撮りするとは誰も思わないでしょう。
フェラされている間は、まったく喋りません。
5年間ひきこもっていたある日、頭の中にある望みが沸き起こったのです。
流出させたことで、ようやく満足してくれました。
一ヶ月以上前ですが、無修正で見たことがあります。
まずは、上から服を脱がしていくことにしたのです。
ローターばかり使いたがるという印象を持たれいました。
ブラウスのボタンを上から一つ一つ外していきました。
それとは裏腹にもう妹から離れようと考え始めていました。
ボタンを全て外して、服を1枚ずつ袖から外していきました。
つまり、バイブを挿入できると本気で考えていたのです。
しばらく余韻に浸りながら服を着て部屋を出たのです。
悲鳴と同時にまくれたスカートを急いで押さえてました。
ハメ撮り出来たことで機嫌が良くなったのです。
無修正で見たら、気持ち良過ぎて涎が垂れてきました。
あろうことか、電マをあてて絶頂感を味あわそうとしたのです。
生挿入したくて気持ちを抑えることが出来なくなったのです。
この日はそのままお開きになりました。
無理やりsexされてしまったそうです。
目はつむったままでしたが喘ぎ声を出していました。
Fカップが羨ましくてたまらないらしいのです。
誰もが一度は、盗撮してみたいと考えています。
一回だけは援交したけれど、会うのはこれっきりのつもりでした。
精力が有り余っていて、レイプでもしないと性欲が治まらなかったのです。
その日のことをあまりよく覚えていない子も少なくなかったのです。
無修正を見ることが出来るまで諦めないつもりです。
充分時間をかけて胸を楽しんだのです。
どうやってフェラチオしていいか分からず持て余していたのです。
全員なかなか可愛い顔をしていました。
口内射精された時のことは全て忘れたかったのです。
エッチな姿勢をとらされて息ができなくなりそうです。
後輩もその可愛い子を抱きたかったみたいです。
Tバックを履いていたから、好きになったのかもしれません。
もう殆ど動けなくなっていました。
何をさておいてもDVDを見たかったのです。
生の方が圧倒的に気持ちよかったのです。
無修正で見たらすぐに果てたのです。
モロ見えにしたのは、後にも先にもその時だけです。
危険日じゃない事がある程度わかっていたのです。
ノーパンで出歩くなんて、本当に浅はかなことをしました。
モザイク無しを見て一時間たつのに快感が残ってました。
美乳の回りを愛撫しているうちに息使いが激しくなっていきました。
巨乳が気に入ったらしく触ろうとしていたのです。
そのころから、フェラすることが出来るようになったのです。
妨害すれば全てを話すと脅されていたのです。
無修正で見て気持ちが萌えたのです。
布団に寝かせて再び両手を抑えたのです。
ある時、まったく新しいものを流出させようと考えついたのです。
それぞれの自主性に任されていました。
まずは、スカートをまくってみることにしました。
眠っていても濡れるというのは学んでいたことです。
そして、口内発射してから態度が変わってしまったのです。
途切れ途切れになりながらも声をあげていました。
モザイク無しを見て興奮し過ぎたので外の空気を吸いに行ったのです。
ハメ撮りすることだけは勘弁してもらいました。
目をつむって耐える顔になっていたのです。
モロ見えになりそうになって、慌てて服を両手で押さえました。
間違いなく、マンスジを触られたのです。
クリトリスを愛撫することに集中することで、嫌なことを忘れたかったのです。
近くを通りかかったので、援交しに行こうと思いました。
出会い掲示板で知り合うのに2時間くらいかかりました。
まさか見えているなんて思ってもいない、とても輝かしい笑顔でした。
もちろん、最初のうちは普通に盛り上がることができました。
今までのように変わらず丸見えにしてくれたのです。
何とも言えない妙な気持ちになりました。
生ハメさえしてしまえば落ちるかなと思ったのです。
当時、なかなか1人で履けなかったのに、その時は普通に履くことができました。
一緒にお風呂に入ってから、親密な関係になったのです。
モロ見えにすることで興奮を覚えるようになったのです。
足の形が抜群で膝と足首がまっすぐ伸びていました。
しばらくしてから全員いい感じになっていったのです。
その当時は、まだ考えが甘くて、本番されることは無いと思っていたのです。
夏になると生脚で来てくれるのが嬉しかったのです。
ついに場所を選ばず無修正を見るようになったのです。
今は何も考えずにタテスジを見ることに集中するしかありません。
中出しされたことで、気持ちが動転しそうになったのです。
食い込みを見て久しぶりに性欲が湧いてきたのです。
朝方に起き上がってもぞもぞしていました。
おもむろに体を起こして、モザイク無しを見始めました。
援交しようと誘われて無言で軽く頷きました。
何事もなく終わってくれればいいなと思っていました。
いくら乱交したくても、いきなり手は出さないでしょうね。
いつものスタイルで正面を向いて床に落ちている本を広いました。
パイパンに入れられたことで涙がとまらなくなったのです。
こちらが止めるのも聞かず丸見えにしました。
美人すぎるゆえに他人を人とも思わないところがありました。
やっぱり、少し念入りにクンニした方がいいもしれないと思いました。
すでに生挿入されたことに気付いていました。
綺麗な生脚が清楚な色気をかもし出していました。
つまり、モザ無しを見て何かを喚いていたのです。
自画撮りすればするほど深みにはまっていきました。
階段をあがり、部屋に入っていきました。
膣を触られないように、付け入る隙を与えませんでした。
薄い水色のワンピースを着て、階段を降りてきました。
ハメ撮りしようとするたびに、体を引いてしまうのです。
少し前から、スジマンを責められると満たされたと感じるようになってました。
風が吹いてきて、そのたびにミニスカートがめくれあがりました。
また、3Pしていたら、夜遅くなったので泊まっていきました。
顔出ししてくれたことで、その気になってしまったのです。
生まれたままの姿になって楽しんでいました。
個人撮影しているうちに熱気を帯びてきました。
/(-_-)\